企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

機械加工

機械加工
用途:
機器部品
成形前サンプル
試作品
治具
銘板
強み:
あらゆる素材を、
様々な加工技術で任意の形にする加工法。
詳しい特長:
樹脂の加工は一次成形品の板や棒、パイプ等、いろいろな材質のもので、色も透明なものから色物まで様々なものを素材として二次加工を施すものです。

一次成形品はそのままで完全な製品になることは少なく、後加工によって、その目的とする完成された製品になることが多いものです。中でも真空・圧空成形は板材を用いた二次成形の典型といえるでしょう。ここでいう機械加工とは、切断・切削・掘込み・孔あけ・折曲げ・彫刻・接着・溶接・研摩等を指しています。
この加工に使用する機械は、施盤・フライス・ボール盤・裁断機・彫刻機・コンタマシン・パネルソー・盤上糸ノコ・プレーナ・折曲げ機・研磨機・溶接機をはじめ、NC やマシニングなどで、このような機械を利用して加工が行われます。金型による成形品では製作できない形状のものを作ったり、規格品や成形品に後加工をしたり、他の部品を取りつけて追加工をするなど、それぞれの用途に見合った種々の製品を任意の形に製作するものです。金型品と違い、数量が少なくても、大きくても、小さくても、複雑な形のものでも、ほとんどのものが製作可能です。熱可塑性の素材は熱をかけて曲げたり、耐熱温度以上に上げると溶ける性質を利用して溶接棒で溶接したり、切削も金属と違いドライで加工ができます。加工性が良い上に耐薬品性もよく、研磨仕上げをすると成形品と比べても見劣りのしないようなものもでき、その用途にあった素材を加工することによって、一段と特性を発揮させることができます。
その他、塗装・印刷・メッキ等も二次加工の方法ですが、これらを含めてこの加工法の範囲は広く、金型成形同様いろいろな分野で幅広く用いられている加工法です。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。