企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

射出成形

射出成形
用途:
機器部品
工業・産業用部品
パッキング
大量生産品
OA 機器部品
強み:
製品寸法・微細構造の安定化が計れる。
生産性が高く、自動化・無人化も可能な成形法。
詳しい特長:
ゴムの射出成形は、未加硫の配合ゴムを加熱・溶融させ、あらかじめ閉じられ加硫温度に調整された金型のキャビティーに加圧して注入する成形方法です。プラスチックの射出成形と比べて、ゴムの場合は射出部の温度が100 ℃以下と低く、成形部(金型)は200 ℃前後と非常に高く設定してあります。又、ゴムは加硫行程(化学反応)が必要なため、プラスチック成形と違って金型が常に加熱されていることと、温度条件が大きく異なるという相違点があります。
金型(キャビティー)への材料供給は、射出プランジャー、又はスクリューの前進圧力によって、オリフィス(細孔)を経て注入されます。射出成形の順序は、型締め、射出、保圧(加硫)、型開き、製品取出しの順で行われ、この成形サイクルが連続的に繰り返されることによって製品が生産されます。
成形機は、プラスチックの成形機と機構的にはほぼ同じで、プラスチック成形機で成形可能なTPE(熱可塑性エラストマー)もあります。このTPE は常温では架橋ゴムの性質を示しますが、高温では可塑化されて成形できる高分子材料です。架橋ゴムと比べて温度上昇による物性低下が大きく、高温においては塑性変形をおこすことと、ゴムらしさの不足、永久ひずみが大きいなど問題点がありますが、他方、架橋を必要としない、成形サイクルが短い、補強剤なしで高強度が得られる、製品スクラップのリサイクル可能などの利点もあり、重要な素材の一つとなってきています。
射出成形は他の成形法と比べ、設備、金型などは高くつきますが、材料供給を自動化すれば無人化も可能で、生産性が高く、製品の寸法や微細構造を安定化させるために、今後、射出成形(射出圧縮、液状射出含む)は確実に多くなっていくものと考えられます。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。