企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

圧縮成形

圧縮成形
用途:
パイプ、ホース、チューブ
断熱チューブ
パッキン・シール材
保護、緩衝材
ゴム被覆電線
ベルト
強み:
金型の価格が安く、簡単な設備で製作可能な、プレス成形の最も一般的な成形法。
詳しい特長:
この成形法は、あらかじめ設定された配合ゴムを、金型のキャビティー内に、スムーズに流入するように入れます。そしてプレス機の可動盤(熱盤)を上昇させ、金型を閉じて加熱・加圧すると、やや多目に充填した余分なゴムは金型の合わせ目(割り面)からはみ出して出る金型構造で、一定時間、加熱・加圧することによって、所定の形状の成形品となって金型から取り出されます。
金型を用いる成形には、この圧縮成形の他に圧入成形(トランスファー)射出成形、射出圧縮成形、液状射出成型(LIMS,RIM )などの方式があり、それぞれ材料の準備の仕方や、金型への材料の供給方法、成形過程で発生する最高せん断速度、型内ゴム圧力到達値、温度等が異なっています。
圧縮成形の金型は一般的には2つ割り(上下型)又は、3つ割り(上下型、中型)になっていて、材料はキャビティーに直接投入する方式です。この成形品には、はみ出しバリが残るので、後仕上げとしてハサミやバフ、その他デフレッシャー等により処理をしますが、仕上げの種類によっては、製品の機能に対して重要な影響を与える場合もあります。
金型は2つ割りが最も簡単な構造ですが、作成時には金型をどこで割るのか、バリの影響はないかどうか、エアー溜りをどうつけるのか等を考慮して製作します。
圧縮成形での成形品には、バリが多くでるという問題はありますが、金型の価格が比較的安く、設備も簡単なことから、広い範囲で利用されているプレス成形の最も一般的な成形方法です。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。