企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

ダイカスト成形

ダイカスト成形
用途:
各種機械部品
精密機器部品
自動車関連部品
強み:
鋳肌が美しく、寸法精度の高い薄肉で高強度の製品が生産可能な成形法。
詳しい特長:
ダイカストは、溶湯に高圧を加えて、金型の湯口からごく短時間に高速で噴出させ、溶湯が凝固しない間に金型のすみずみまで充填させて作る製法です。こうして作られた製品は、鋳肌が美しく、寸法精度が高く薄肉で、しかも高強度です。ダイカスト作業は、金型清掃→離型剤の塗布→型締め→注湯→射出→キュアリング→型開き→押出し→製品取出しまでが、1 サイクルです。
ダイカスト用としてJIS に定められている主な合金は、1 )アルミニウム合金、2 )亜鉛合金、3 )マグネシウム合金の3 種類。この他にダイカストに適した合金として、錫、鉛系の低溶融合金、また、銅系の高溶融合金があります。
次に、ダイカストマシンは、その構造と動力源によって以下のように分類されます。
熱加圧室式(ホットチャンバ)ダイカストマシンは、溶湯を型内に圧入するための加圧室が、溶湯の中にあるので、この名称で呼ばれています。ホットチャンバダイカスト法は、亜鉛、鉛、錫合金など溶融点の低い合金のダイカストに用いられます。
また、冷加圧室式(コールドチャンバ)ダイカストマシンは、加圧室が溶湯の中になく、加熱されていないことから、この名称で呼ばれてます。コールドチャンバダイカスト法は、アルミニウム合金、マグネシウム合金、銅合金など溶融点の高い合金のダイカストに使用されます。
ダイカストマシンは、常にダイカスト合金の進展と相まって改良進歩を遂げています。我国のダイカストマシンは、大型化や省力化、また自動化についても常に研究、開発がなされ、その品質性能レベルは欧米先進国を抜いてトップレベルの位置にあります。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。