企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

その他の製品

ゴム・プラスチックの加工技術を活かし、オリオンは、新しい付加価値製品づくりにチャレンジしています。

積層造形法

積層造形法

迅速に試作ができる、この技術は開発段階では必須の造形法。

  • 迅速に試作ができるRP 法(ラピッド・プロトタイピングシステム)という製法は、型が不要なため、開発行程での有用性や開発期間の短縮、コスト削減など、条件次第で大きなメリットのある製法です。
ディッピング成形

ディッピング成形

安価な型で少量から量産も可能。形状、色も任意にできる成形法。

  • ディップ・モールディング(浸漬成形)という製法は、金型が雄型だけのため、金型の取数を多くすることで大量生産もでき、安価です。しかも複雑な形状のものや任意の色もできるので、その多様性から、OA 機器、自動車、家電、各種機器など、多岐にわたる分野で使用されるようになってきました。
スクリーン印刷

スクリーン印刷

いろいろな分野のいろいろな素材にその目的とする印刷を施し、要求が厳しいエレクトロニクスの分野でも利用されている加工法。

  • 刷版にある孔を通して版の下に置かれたものに印刷されるスクリーン印刷は、孔版の代表的な版式で、ガリ版刷りと同じ原理です。刷版に張るベースがシルク製のものが多いので、シルクスクリーンプロセスと呼ばれ、略してプロセス印刷とも言われます。
ウォータジェット加工

ウォータジェット加工

軟らかいものから硬いものまで、ほとんどの材料を水でフレキシブルに作りあげる加工法。

  • 水で切るというウォータジェット加工は、ノズルから噴射される高圧の水、または研磨材入りの水と切断材料との間に起こる衝突によって、切断を行う方法です。この時に噴射される水の速度は音速の3倍にもなり、水は剛体となり、まるで鋭利な刃物のようになるわけです。
射出成形

打抜加工

型も加工もシンプルで短納期製作が可能。あらゆるところで幅広く活用されている加工法。

  • 抜き加工に使用する抜型は、コンピュータと高速製図機を組み合わせた、レーザーカッティング装置で、合板やアルミ板などに仕様通りの切り込みを入れ、これに刃物を埋め込んで作ります。刃物は、打抜く材料の寸法や形状などによって種類を決定します。こうして作られた抜型の他にタガネ(ポンス)という金属の抜型もあり、これもプレス機や木槌で打抜く抜型のひとつです。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。